ご飯。美味しいお米を買ったら美味しいご飯を炊かなきゃ損!

ご飯。美味しいお米を買ったら美味しいご飯を炊かなきゃ損!


 

お米の炊き方で全然ご飯の美味しさ、食感って違うんです。

 

先日、色々試して、お米の炊き方を見直しました。

 

ふっくら柔らかいお米に仕上げるには、”お米を浸けておく”ってすごく大事なんだなぁ。と。

持ってる鍋、お米の種類によっても少しずつ変えた方が良いと思うので、参考までに☆

 

ちなみに私はいつも白米。ご飯用釜(鍋)で炊きます。

炊飯ジャーでも炊くってところ以外は同じだと思う。

あと玄米のときは水は少し多め、って聞きますね。

お米の炊き方

 

 

ではでは!

私の普段やってるお米の炊き方です(๑>◡<๑)↓

 

 

1.お米を研ぐ

 

お米の表面についているぬかやゴミを取り除くために、お米を研ぎます。

うっすら米が透けて見えるくらいまで、5、6回。

お米の炊き方

 

 

<<研ぐときの水>>

研ぐときは、あまりお米を水に浸らせすぎないこと。

特に最初の1回は、研がずにさっとかき混ぜて、すぐに水を捨てること。

米のぬか臭さが水によってお米にしみ込まないように、です。

 

<<研ぐときの強さ>>




新米の場合は、お米を痛めないように優しく研ぐこと。

古米の場合は、古米臭が残らないようしっかり研ぐこと。

お米が古くなると表面から悪くなっていくので、表面を少し削った方が良いんです。

 

 

2.お米を浸水させる

 

米の芯まで火が通りやすくなるように、お米を水につけておきます。

大体30分くらい浸水すればOKです。

 

 

<<浸水の時間>>

水が冷たいと浸水に時間がかかります。

逆に時間がないときは、ぬるま湯で浸水させておくと短い時間で済みます。

 

 

3.お米を炊く

 

中火で火にかける(大体12分くらい)。

吹きこぼれそうになったら、中弱火~弱火にする。

最後に30秒ほど強火の火にかけ、火を止める。

 

ここで少しお焦げが付きます☆

 

 

4.お米を蒸らす

 

すぐに蓋を開けず、10分程度置きます。

置いた後、蓋をとり、しゃもじでご飯の上下を入れ替えるように混ぜる。

その後5分程度置きます。

 

お米の炊き方

 

<<蒸らす時間>>

蒸らさないと水っぽいご飯になります。

逆に蒸らしすぎるとご飯が硬くなったり、甘味がなくなります。

 

 

で、出来上がり!

 

 

ぜひぜひ試してみてね☆